葉酸の効果最新の記事

葉酸を多く含む食べ物

葉酸は胎児の正常な発育のために必要な栄養素であり、癌に対する予防効果や心臓発作の予防、認知症予防などに効果があると言われていて積極的に摂取する人も増えてきました。葉酸は水に溶けやすく、調理の段階で壊れてしまいやすいものなので、葉酸を効率よく摂取するために、何に養蚕が多く含まれているのかを知っておくことも大切です。

葉酸はその名の通り緑黄色野菜に多く、ほうれん草、モロヘイヤ、ブロッコリー、パセリ、春菊などに豊富に含まれています。それ以外には豆類にも葉酸が多く、枝豆やそら豆、大豆などで摂取することができます。焼き海苔や、味付け海苔などの藻類にも葉酸が多くて、焼き海苔100gには1900μgの葉酸が含まれています。

野菜類以外に肉類の中にも葉酸をたくさん含んでいるものがあります。それはレバーで、鶏のレバーには100gに1300μg、牛レバーには100gに1000μgも葉酸が含まれています。レバー類は、100g中に含まれている葉酸の量が多く、葉酸を不足させることなく摂取するには有効な食品ですが、レバーは体外に排出されない脂溶性のビタミンAを含んでいるため、摂りすぎるとビタミンA過剰症となるので摂取量には注意が必要です。

葉酸の効果について

葉酸が不足することによって、おなかの中の胎児の奇形発生率が高くなると言うことは最近よく知られていることですが、それ以外にも葉酸不足によって引き起こされるトラブルがいろいろとあります。
カテゴリー
更新履歴
葉酸を多く含む食べ物(2009年7月23日)
葉酸に期待される効果(2009年7月23日)
妊娠に必要な葉酸(2009年7月23日)
葉酸が欠乏すると起こる症状(2009年7月23日)